読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

風磨くんに出会えてよかった。

5TAGE 0507 をもって 終了しました。

ロスが今ひどいんだけど、

今思ってること全部を留めておきたくて

ブログに書くことにしました。

とりあえず今回ツアーにはいって

いちばんおもったことは、

「 私は菊地風磨を好きになってよかった 」ってこと

今回のツアー、

構成演出を風磨くんがメインで考えてて

正直、初日入るってなってアリーナ構成を見た時

こいつはクソかって思った ( 笑 )

外周ないことはもう予測できてたんだけど、

外周どころか縦花横花もなければセンステすらない。

この人はどういうライブをするつもりなんだろう?

もっと構成考えてよって風磨くんって思った。

でも初日終わって外出る時には

菊地風磨最高、大好きってずっと言ってた ( 笑 )

歌については色々書きたいことあるけど

とりあえず私はテレポーテーションが好きすぎる!

rougeよりもテレポーテーション。( 笑 )

よく考えて?

だってあの菊地風磨がピンクの衣装着てんだよ?

風磨くんがピンク着てるの。

しかも、今回の構成演出が風磨くんでしょ?

自ら選んだ可能性も無きにしも非ずじゃん?

普通にそれだけでもう死ねる ( 笑 )

はやく映像化してほしいし、

私の中でのマルチアングル化してほしい曲、第1位。

早く映像がほしいなぁ。( 笑 )

そして、泣きすぎて頭痛がしたオーラス。

いまから思うがままに書くから嫌な思いする方がいたら

ごめんなさい。

オーラス当日はもう寂しさでいっぱいで

Twitterでバラが配られるっていうツイートみただけで

私は泣けるくらい涙腺ゆるゆるな感じでした。

リア友と合流して、いざ会場にはいったら

ほんとにバラもらってあの詳細の紙的なやつみて

まだ風磨くん出てきてもないのに、

普通にぼろぼろ泣いてました。( 笑 )

こんなにもスタッフさんに愛されてるんだなって。

いざ開演して風磨くん出てきたら

あ、これで最後なんやって思ったら

RTTですら泣けてきて死んでた。

涙はいっときしたらひっこんで

普通に楽しんでました。

サマクリでは風磨くんが勝って

私はマリの子に抱きつき叫び無理無理って言いまくり

そんなこんなんしてたら最後の挨拶。

私はスタトロ残ってたし化粧落ちたくないから

絶対泣かないって決めてたんだけど、

普通に健人くんの挨拶から涙止まんなくて

ひとりひとりに対してメッセージ言うのは

ほんと反則だと思うし、

私は健人くんの「 厳しい現実が俺らの夢を壊すことだってあった。でもそれなら俺らのみんなの夢が厳しい現実を壊すことだって出来る」( ニュアンス )

それ聞いた瞬間もう泣くよね。

そして風磨くんの挨拶で私は立っていられなくらい嗚咽が出るくらい泣いてました。

「 3人と2人になってみんなは可哀想って同情してくれてたけど、俺らは与えられた場所で100%200%だせるように必死こいてやってた。そんな俺らって可哀想かな?」(ニュアンス) 心にグサってきた。

そして何より

「 俺、結構Sexy Zoneの事好きなんだよね」って

風磨くんが言った時、五年前の風磨くんじゃ

考えられないし純粋に嬉しくて嬉しくて仕方なかった。

マイナスな出来事でさえもプラスに考えられる

そんな風磨くん強いなってかっこいいなって

ほんとに思いました。

そしてSTAGE 歌ってる時に

聡マリが泣いててそれみてわたしももう泣いて

そっからずーっと泣いてた。

Sexy Zone 歌ってる時も私普通に泣いてて

バラで満開の会場見て

風磨くんがとてつもなく幸せそうな顔してて

わたしもすっごい幸せで嬉しくて。

スタンド来るってなった時も、

私号泣してたからもう前すら見れてなくて

風磨くん来てることすら気づかなくて ( 笑 )

マリの子に風磨くん来るから前向きなさいって

叩かれて泣きながら前向いたら目の前に風磨くんいて

目が合ってえ、無理無理ってなってたら

うちわに目やって逸らされたってなったら

また目があって、うんうんって頷いてくれて

「 ありがとう 」って頭ポンポンしてくれて

そこから私は涙腺崩壊し立つことすら出来なくて

死んでました。

わたしね、オーラスはいっただけでも

ほんっと幸せで仕方なかったのに、

こんな幸せあっていいんかなって思えるくらいの

そんな出来事が起きてわたしの頭と心はついて行かなかった。

気づいたらコンサート終わってたもん。

幸せってその一言で片付けられないくらいの

オーラスでした。

わたしは今回のツアーにはいって、

風磨くんを好きでいられることを誇りに思ったし

風磨くんって世間的にはチャラいとか態度でかいとか

マイナス的に思われることが多いと思うんだよね。

でも私は、こんなにも優しくて暖かくて

そして心が真っ直ぐな人って他にいないよって

改めて尊敬出来るなって思った。

正直Sexy Zoneが菊地風磨が売れることは

すっごい嫌だしいい気はあんまりしない、

でも風磨くんは死ぬまで裏切らない、って

言ってくれてそんな彼の背中を追いかけたいって思うし、

彼の目指す頂上を一緒にめざしたいし、

少しでも力になれるのなら全力で支えていきたいと

そう思った。

わたし菊地風磨がほんっとだいすきなの。

だからこそ彼の夢が叶う時まで全力で応援したい。

風磨くん、Sexy Zoneでいてくれて

ほんっとほんとありがとう、だいすきです。

Sexy Thank you 🌹✨

f:id:fu_____Oo:20170509102753j:plain

菊池風磨 9年目 、

本日2017年4月27日は風磨くんが

ジャニーズ事務所に入所してから、

9年目の素敵な記念日。

この9年、

私は真っ直ぐ風磨くんだけを追いかけてた訳ではなく

寄り道もたくさんしました。

でも9年目のこの日をおめでとうって伝えれる事が

私はとても幸せなことだなって思います。

わたしが初めて好きになった、

ジャニーズが菊池風磨でした。

ひときはキラキラしてるアイドルの横で

キラキラしてるはずなのに、

ちょっとアイドルっぽくない人がいる、

それが菊池風磨くん、あなたでした。

私は、岬くんと健人くんと絡む風磨くんが好きで、

優吾くんと北斗くんと絡む風磨くんが好きでした。

だからこそ Sexy Zone というグループが

受け入れられずに、

離れた時期もありました。

でも風磨くんはこの9年間

アイドルを辞めずに必死に頑張り続けてくれました。

わたしには想像出来ないくらいの辛さや苦しみも

きっと沢山あったと思います。

それでも辞めずに続けてくれていること

本当に本当に感謝しています。

ありがとう。

そう思う一方で

恋愛感情としての好きを持ってしまったからこそ

正直、風磨くんがアイドルじゃなかったら、

ジャニーズじゃなかったらなって思うことも

たくさんあります。

でもきっと風磨くんが

アイドルじゃなかったら、ジャニーズじゃなかったら

こうやって好きになることもなかった。

出会えることもなかった。

そしてなによりも物事に全力で

自分で決めたことはやり遂げようと必死に努力する

そんな彼だから好きになれました。

だから、これからもずっと夢を追い続ける風磨くんを

応援していこうと思います。

風磨くんの目指す夢、

Sexy Zone になること 」

そう思ってくれる、そんな夢を持ってくれる子が

これからひとりでも増えていくように願って

No.1目指して頑張っていこうね。

風磨くん9年目おめでとう、そしてありがとう。

f:id:fu_____Oo:20170427013338j:plain

大好きな君が産まれた日.

風磨くん、お誕生日おめでとう ◎

f:id:fu_____Oo:20170306191325j:plain


風磨くんにとって、今年1年どんな1年でしたか?

風磨くんにとって、

「 幸せだった 」 「 充実してた 」

そんな1年であったら私も嬉しいです。


去年の今頃はまさか風磨くんをまた好きになるなんて思ってもなくてこーやって書いてる今も不思議で仕方ありません ( 笑 )


私は動画作ることも出来ないし上手く画像を作ることも出来ないけど、折角の誕生日なので思うがまま、私の今の気持ちを伝えさせてください。


風磨くんの存在を知ったのは7年前くらいかな?

私が中学生の時でした。

友達が中島健人くんが好きでその話を毎日のように聞かされてました。( 笑 )そんな中目に止まったのは、健人くんじゃなくて隣に写る風磨くんでした。気づけば少クラみたり、毎月雑誌買ったり風磨くんのファンになるのにそう時間はかかんなかったんだよね。風磨くんが大好きでB.I.Shadowが大好きでずっとずっとこーやってファンをやっていくんだってそう思ってたある日のことでした。


菊池風磨 デビュー決定 !!


すっごいすっごい嬉しくて嬉しくて泣いたことを覚えています。 でも蓋を開けてみればそこにいるのは健人くんと風磨くんだけ。北斗くんも優吾もそこにいなくて、なんで?なんで?ってなったんだよね。風磨くんが大好きだったのはもちろんだけどわたしはそれ以前にこうやって

笑い合うB.I.Shadowが大好きだったから。


f:id:fu_____Oo:20170306192335j:plain


この4人でデビューするって思ってたからこそ、その衝撃は大きくて辛くて今考えれば仕方ないことだって、デビューするだけですごいことなんだって分かるけどその当時は風磨くんの事を裏切り者だと思ってしまう私がいました。それからというもの北斗くん、優吾のことを思うとどうしても風磨くんを許せなくて、風磨くんが納得してないのもわかってたけどそれでも嫌で嫌で仕方なくて段々と彼から離れていきました。

そんな中違うグループを好きになり、風磨くんからは離れていきました。


それから5年がたち、

去年の春。

「 ね、セクゾのコンサート当たったんだけどついて来てくれん?」 って友達に誘われて、初めてSexy Zoneの風磨くんに会いに行くことになりました。でも相変わらず根に持ってる私だからその友達がマリウスが好きだったのでシンメである聡くんのうちわを持ってはいりました。いざはじまってみるとそこには北斗くんも優吾もいて、わたしは見てられなくなって聡くんばっかりみてました。( 笑 )

まぁそこから聡くんを好きになるまでは時間なんてかからなくて、いつしか聡くんのファンになってました。


Sexy Zone を知らない私は空白の5年を埋めるために必死に動画をみてまわってました。聡くんが好きなのに見れば見るほど目に行くのは風磨くんでした。でもやっぱりあの時がフラッシュバックして彼は悪くないのに許したくなくて、わたしは聡くんのファンでいるんだって言い聞かせていました。

そんな時にでた、5周年記念アルバム。

Sexy Zoneの5年間を振り返るホームパーティの映像でマリウスが風磨くん、健人くんに対して「Sexy Zoneでデビューするって決まった時どう思った?」っていう質問に対して、風磨くんが「俺は嫌でしたね、元々一緒にいたグループもあったわけだし」 ってそう言った瞬間、私のモヤモヤが全部消えたの。気づいたら泣いててあ、風磨くんも一緒だったんだってそう思いました。それを聞いてから私はもう1度風磨くんの事を応援したい、好きでいたいってそう思えるようになりました。


私は風磨くんがSexy Zoneとして活躍してきた5年間を知りません。Sexy Zoneが3人になったりと辛い思いをしてきた日々もわたしは知りません。


空白の5年を埋めようとは思わないしきっとその5年があったからこそ今の風磨くんがいるんだって思います。私は過去の風磨くんじゃなくて今からの風磨くんと一緒に風磨くんの夢を叶えていく姿を、近くでみていたいってそう思います。きっとこれからの未来だって幸せな事ばかりじゃないってわかってるからこそ、私はどんなに辛いこともあっても、もう逃げ出さず風磨くんだけをずっとずっと想っていきたいです。

今は自信を持って言えます。

私はSexy Zone菊池風磨が大好きです。




ここからは風磨くんへ


お誕生日おめでとう。

22歳 ! 同い年だ ~ ◎ ( 笑 )


風磨くんを好きになって、正直辛いこともたっくさんある、

女遊び激しいしすぐ噂されるしチャラいしパリピでしかない、( 笑 )

きっと世間にもきっとこういう風に思われてるんだろうなって思うけど、ほんとはすっごい努力家で、真っ直ぐで男気が溢れていること。メンバーを貶すけどほんとは誰よりもSexy Zoneが大好きなこと、家族が大好きで大切にしている所、馬鹿が付くくらい優しいこと、照れ屋だからそれを真っ直ぐ伝えられない不器用な人だということ、そんな魅力が溢れている風磨くん。私は風磨くんがいるから、風磨くんという素敵な人を好きになれたから、辛い仕事も頑張れるし何事にでも前向きでいようってそう思えるようになったの。だから風磨くんにはすっごい感謝してます。

イベントの時に好きでいていい?って聞いたら、いろよって言ってくれた風磨くん。私、ほんとに好きでいるからね? ( 真顔 )  風磨くんにとってはひとりのファンでしかなくて、きっとこれからもそれは変わることはないと思う。それでも私は風磨くんが大好きで、仕方なくて出来ることなら特別になりたいって思っています。いい年なのにほんとバカだなぁって思うけどちゃんといつか風磨くんに「 幸せになってね」って言えるまでは好きでいさせてください。


ツアーでは、風磨くんに沢山会いに行きます。幸せにしてほしいなんていいません。

※ほんとは言いたいけどそんなことしないタイプだとわかってるからあえて言いません

( 真顔 )

ただ、ただキラキラ輝く風磨くんを、笑顔の風磨くんを沢山見せてください。

そんな風磨くんを見てるとわたしは力を貰えます。



f:id:fu_____Oo:20170306203414j:plain


そして、なによりこれからもメンバーに愛される、友達から愛されるそのままの風磨くんでいてください。



B.I.Shadowでいてくれて、Sexy Zoneでいてくれてありがとう。



22歳、お互い素敵な1年にしようね。



生まれてきてくれてありがとう。






                                                           2017,03,07